札幌市にある猫カフェおすすめ7選

猫に癒されたい。家では飼えないけど触れ合いたい。

そんな時に猫カフェはありがたい存在ですよね。

ですが「行ってみたいけど、どんな雰囲気なんだろう?」「飼ったことがないけど大丈夫かな?」

そんな疑問もつきまといます。

今回は、はじめての猫カフェでも安心して楽しめるようポイントをまとめました。

お品書き

札幌市にあるおすすめの猫カフェ7選

今回は、札幌市にある猫カフェの中から厳選して7店舗ご紹介させていただきます。

家から行きやすいお店を選ぶもよし、店舗の特色から選ぶもよし。

HPに在籍する猫ちゃんのプロフィールを掲載しているお店もあるので、気になる猫ちゃんからお店を決めるのも良さそうですね。

らぶねこ

『らぶねこ』は、北海道初の猫カフェです。

料金体系は時間制。お得なドリンクバー付きのコースもあるので、好きなドリンクを飲みながらゆったりと寛ぐことができそうです。

在籍猫ちゃんの数が多いのも特徴で、いろんな子と触れ合うことができます。

街中にあるのでお買い物ついでに立ち寄れるのも嬉しいですね。

施設名らぶねこ
住所〒060-0062 札幌市中央区南2条西5丁目26-17 第一北野家ビル5F
営業時間11:00~19:00(最終受付18:30)
定休日年中無休
公式サイトhttps://www.loveneko.jp/

Mewkies~ミューキーズ~

こちらも在籍の猫ちゃんが多いのが特徴。

料金は時間制ですが、上限金額が決まっているので長時間の滞在も安心です。

雑誌や本も置いてあるので、ゆっくり過ごしたい方におすすめ。

施設名Mewkies~ミューキーズ~
住所〒060-0908 札幌市東区北8条東6丁目24
(北8条通沿い、サッポロビール園・アリオ札幌の近辺)
営業時間11:00(平日11:30)~21:00(最終受付19:30)
※諸事情により開店時間が予告なく遅れる場合がございます。誠に申し訳ございませんがご了承願います。
定休日ほぼ無休(臨時休業あり)
※全日休業の場合のみ、トップページのお知らせ欄に告知していますので、そちらをご確認ください。
公式サイトhttp://mewkies.com/

猫カフェPuchiMarryラソラ札幌店

こちらは白石区にあるショッピングセンター『ラソラ札幌』内にある猫カフェです。

ドリンク飲み放題のプランもあるので、お買い物帰りのひと休みにもぴったりです。

店内には、人も遊ぶことのできるアスレチックスペースもあるのでお子さん連れにもおすすめ。

施設名猫カフェPuchiMarryラソラ札幌店
住所〒003-0003 北海道札幌市白石区東札幌三条1-1-1 ラソラ札幌2F
営業時間10:00〜20:00(最終入場19:30)
定休日HP記載なし
公式サイトhttps://www.puchimarry.com/

保護猫シェルター&福祉運営カフェmataxtabi(またたび)

施設名の通り、保護センターからの受け入れ里親の募集をしている店舗となります。

猫カフェに在籍している猫ちゃんのほかに、譲渡可能な子たちもいるようですので、猫を飼育したいと考えている方はぜひチェックしてみてください。

事前に予約すれば見学もできるので、実際に猫ちゃんと触れ合って性格や相性を知れるのは安心ですね。

施設名保護猫シェルター&福祉運営カフェmataxtabi(またたび)
住所〒064-0806 札幌市中央区南6条西8丁目4-11
営業時間11:30〜17:00(l.o 1F 16:30 2F 16:00 プライベートルーム 15:30)
定休日水曜日
公式サイトhttps://neko-matatabicafe.shopinfo.jp/

ツキネコカフェ

こちらも猫の保護活動と里親募集をしているカフェです。

猫を保護するためのさまざまな活動を行っており、ボランティアや寄付をすることもできるので「猫は好きだけど自宅で飼育することは難しい……」という方でも、別の形で猫ちゃんの保護活動に貢献することができます。

カフェは予約制となっていますので、来店時はご注意を。

施設名ツキネコカフェ
住所〒060-0006  札幌市中央区北6条西25丁目1-6
営業時間12:00〜18:00<予約制> 1時間に2組のみ、6名以内
定休日火曜日、年末年始、臨時休業有
公式サイトhttps://tsukineko.net/about/message/

ねこたまご+cafe

こちらも保護猫施設となります。

カフェブースと猫ちゃんとのふれあいスペースが分かれていて、カフェだけの利用もできるのが特徴的。

カフェブースからでもガラス越しに猫ちゃんたちを見ることができるので、まったりとコーヒーを飲みながら猫ちゃんを眺める。という過ごし方もできます。

1日フリーパスもあるので、長時間の滞在におすすめ。

施設名ねこたまご+cafe
住所〒065-0023 札幌市東区北23条東13丁目2-5
営業時間11:00〜18:00 LAST ORDER: 17:30
定休日月曜日
公式サイトhttps://www.nekotamago-cafe.com/

猫suncafe

こちらも保護猫カフェです。

在籍猫ちゃんが多いのもポイントですが、それぞれのプロフィールがHPに詳しく掲載されているので、HPを見ているだけで愛着が湧いてしまうかも。

里親の募集もしているので、飼育を考えている方はチェックしてみてください。

施設名猫suncafe
住所〒003-0024 札幌市白石区本郷通8丁目南2-8
営業時間12:00~19:00
定休日月曜日
公式サイトhttps://nyapan.jp/cafe/

猫カフェの入店から退店まで

では、実際に猫カフェに行く時の流れをおさらいしましょう。

これを読めば、当日も安心して猫ちゃんとの時間を楽しむことができるはず。

入店まで

行きたい猫カフェが決まったら、いよいよ出発です。

特別な準備は必要ありませんが、余裕があるなら事前にお店のHPをチェックしてみてください。ルールや注意事項が記載されている場合があります。

服装は、ニットやアクセサリー類は爪を立てられたり、猫ちゃんがパーツを誤飲してしまう恐れもありますので注意が必要です。動きやすく、安心して過ごせる服装で訪問しましょう。

意外なところでいうと、衛生面の観点から靴下着用必須というお店もあります。夏だと素足にサンダルなんて時もありますよね。

店舗で販売している場合もありますが、せっかく訪れたのに入店できなかった……なんてことにならないように、靴下は着用or持参が安心です。

大体の過ごす時間を決める

猫カフェは30分、1時間といった時間制になっていることが多いです。

受付であらかじめ滞在希望時間を申告してから入店することも多く、なかには延長できないお店もありますので事前に決めておくのがおすすめです。

お店によっては、フリータイムプランや、●時間以上は料金定額といったコースもあるのでHPで調べておくと予定が立てやすいですよ。

猫ちゃんと一緒に過ごす

いよいよ、待ちに待った猫ちゃんとのふれあいタイムです。

思う存分、癒しの時間を過ごしてください。

携帯電話は持ち込めるお店がほとんどですので、かわいい姿を写真に収めるもよし。

一緒に遊ぶためのおもちゃが置いてあるなら戯れるもよし。寝ている姿や思い思いに過ごしている様子をただただ観察するもよし。

お店によっては、雑誌や本を置いてくれているところもあるので、本を読みながらまったりしていたら猫ちゃんが寄ってきた……なんてのも最高ですね。

退店

楽しい時間を過ごして、あっというまに退店です。

ふれあいスペースでは猫ちゃんと遊ぶためのおもちゃやグッズが置いてあることが多いので、使ったものは片づけて猫ちゃんに危険がないように、次の人が気持ちよく使える状態にしておきましょう。

それから、忘れ物にも気をつけましょう。

写真を撮るために持ち込んだ携帯電話、暑くて途中で脱いだ羽織りなど、自分が過ごした場所を今一度見直してから退店してください。

猫カフェのよくあるルール

当たり前ですが、相手も生き物ですので、同じ空間でお互いが気持ちよく過ごすためにはマナーが必要です。人と一緒ですね。

ここではよくあるルールを解説しますが、お店によってルールは違うので、入店する際の説明をよく聞き守りましょう。

抱っこOKかはお店や猫によって違う

せっかく一緒に過ごせるのであれば、触らせてもらったり、抱っこしたりしたいですよね。

ルール上はOKでも、寝ている時に起こされるのは嫌でしょうし、今はちょっと抱っこの気分じゃないという時だってあるはず。

特に、保護猫になった猫ちゃんは一度捨てられてしまった経験や、厳しい環境を過ごしてきた分、警戒心が強い場合もあります。

少しずつ距離を縮めて、反応をみてから触るようにしましょう。

食べ物は勝手にあげないで

猫ちゃんが食事しているところが見たい。写真を撮りたい。そんなニーズもありますよね。

ですが、猫カフェではスタッフさんが体調管理をしてくれていますので、許可なく食べ物を持ち込む事は絶対にやめましょう。

お店によってはネコのおやつを販売しているところもあれば、食事の時間が決まっていて、その時間をHPに載せているところもあります。

事前にチェックしてみてください。

大声をあげたり、追いかけるのはやめて

これは、自分もされたら怖いですよね。

こちらは遊んでいるつもりでも、猫ちゃんにとってはストレスになることもあります。

反応や様子を見極めて、お互いが気持ちよく過ごせるように気をつけましょう。

特に、小さなお子さんと一緒に訪れる際はルールが守れるかどうか注意が必要ですし、そもそも年齢制限のあるお店もありますので、事前にチェックしてみてください。

写真を撮る時はフラッシュNG

せっかく猫カフェに行くなら、かわいい姿を写真に収めて後から見返せるようにしたいですよね。

写真を撮ること自体はOKなお店が多いですが、気をつけなければいけないのは、カメラに付いているフラッシュ機能

猫ちゃんは、人よりも光を多く取り込める目を持っています。

その目にフラッシュの光は強すぎるため、猫ちゃんを驚かせ、ストレスを与えるだけだなく、視神経を傷つけて最悪の場合は失明に至る可能性があります。

絶対にあってはならないことですので、撮影前には必ずカメラの設定を確認しましょう。

札幌市にある猫カフェに行ってみよう

ここまで読めば、もう大丈夫。

気になるお店や猫ちゃんが見つかったら、ぜひチェックしてみてください。

素敵な癒しの時間を過ごせますように。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

札幌在住のブロガー・ライターです。札幌のグルメやアートをわかりやすくお伝えできればと思います。本が大好きで書評ブログも運営しています。

お品書き